眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

81日目「話していることが理解できない。それと先輩との飲み」

昨日は、ええっと、何をしていたんだっけ?退社後の飲みで生ビールをジョッキで三杯も飲んでしまったせいで、家に帰り着いたときは頭ががんがんしてて、布団に寝転がってへんてこりんなポーズを決めながらふにゃふやしてた。せっかくこつこつと毎日更新していたブログを更新する気分にはなれなかった。先ほどまで一緒に飲んでいた先輩がどれほど優しかったか、頼もしかったか。それを訥々と親に一時間ほど喋ってて、それでもまだ頭はがんがんしてたので、音楽を聴くこともせず、韓国ドラマを見ることもせず、お風呂も歯磨きもふっとばして電気つけたまま寝てしまった。午前三時に起きてもまだちくちくしてたので、電気をそっと消して寝てしまったのですが......。

 

 

昨日の夜に先輩と話す機会を会社が設けてくださって。二時間ほど話をさせていただいた、というよりも先輩がたくさん話して頂き、「○○で悩んでいる?」という問いかけに激しく同意してしまうほどに、先輩は私が苦しんでいることを分かってくれていたのだ。苦手な先輩の話で盛り上がったり、「営業に配属されてもう半年も経ってしまいそうなのに、全然仕事が覚えられなくて。凄く不安なんです。こんなんで大丈夫なのかな、って不安になるんです」と悩みをなんとか溢すと、「そうそう。俺もそうだったんだよ。半年経ったところで分かんないよね。それに放置されているんだもん。徐々に、徐々に」と行ってくれたおかげで。今まで重かった私の心身が「すっ」と軽くなって、そこまで焦らなくてもよかったんだと落ち着きました。そして現状の悩みでもけっこうな大きさを誇る「職場の人と打ち解けられていない」という話題でも、「仕事で絡むことがないから、確かに話しかけづらいよね。自分もそうだった。そんならさ、今度飲み会があったときに、いつも話している人の隣に行くんじゃなくて、今まで話したことがなかった先輩の隣に行って、少しでも話したら大分楽になるんじゃないかな」と優しくアドバイスしてくださり、「もうなんでこの人が私の教育担当にならなかったんだろう。それこそすぐにでも変えてほしいよ」と心の中で激しく思った。今度、部内移動があり、そこでその先輩とはそこそこ近いところに属することになり、「なんか分からないことがあったら気軽に聞いてね。ただし、冷凍庫がいないときに、そっとだよ」というアドバイスもしてくださり、「優しさの権化ぇぇ...」という言葉が漏れてしまいそうになりました。明日から徐々に、徐々になんとかやっていけそうだ、とアルコールでほてってまともに考えられない頭はハッピーなことを考えておるのでした。

 

 

今思い出したんですけど、仕事で久しぶりに上司に同行して客先に行くイベントが発生してたんでした。そこでそんなに難しくない話をされていたんですけど、話を聞くという機会がめっきり減ってしまった私の耳・頭はうまく理解してくれませんでした。打合せが終わり、上司から「さっきのこと、説明してみろ」と言われ、「わ、わかりませんでした」と萎縮してしまうああ情けない私という卑小な存在よ。上司がもう一度説明してくれて、難しくない話なのになんで理解できないんだろうとふと考えてみました。あれ、頭を使うということを全然してなくないか、最近?ていうか、社会人になってから全然勉強をしていない、人と話すことも殆どしない、趣味は受け身なものだけをしている、読書してもただ読むだけで、疑問に感じたことをとことん考えるということをしてこなかったなあ。あれ、これってやばいんじゃないか?頭を使う、真剣になって考えるということを随分と長い間さぼってしまったせいで、こんなにも考えることが下手になってしまったんですね。試しに「なんで私は営業をやりたくないのか」ということを考えてみたんですけど、2、3分もすると集中が続かなくなり、ふいに違うことを考え出してしまいました。えっ、こんなにも私の頭は軟弱なものになってしまっていたのかという絶望をがつんと食らってから、少しずつ考える癖、些細なことでも疑問に思う癖、どんなことにも興味を持つ癖をつけることにしました。さすがに自分の頭で物事をきちんと考えられないって、やばいだろ......。そのことをやばいと感じなくなっていたら、それこそ人としてもうだめなんじゃないかって苦しくなった。とにかく私がこれからしていくことは、仕事でもプライベートでも、「どうしてこのようなことを今しているんだ?どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるんだ?これをすることによって私は成長できるのか?これじゃなくて、ほかの事で補うことはできないのか?云々」と考えるようにしないといかんなと思ったんですけど、こんなこと一日中考えていたら、それこそ頭がおかしくなってしまいそうな気がしました。頑張らなきゃ。あとは、人が話していることをするっと理解できないので、耳に集中力をつけるため難解なラジオを聴こうとおもっとるんですけど。ラジオにプライベートの時間を割くなんてそんな暇ないしな。勤務時間中に発生する暇な時間をプライベートに充当したい。もちろん、給料はきちんと貰いますけどね。..........何考えてるんだろ、ちょっと生きることに疲れてしまったのかもな。田舎に住みたい。

 

6,700歩