眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

71日目「変えなくちゃ」

ここにいることで自分を緩やかに殺していることに気付いていない振りをするにはもう体力が持たないよ。仕事をしている振りをするのに疲れちゃった。どうしてこんな状況になってしまったんだろうね。もうちょっと早く対処できなかったのかな。こんなになるまで状況を改善しようとしてこなかった私にも責任はあるけど、ほぼ新人を放置してきた先輩方、あなたたちにも責任はあるんじゃないんですか。自分の仕事でいっぱいいっぱいなのかもしれないですけど、一言声を掛けるぐらいの時間はあったんじゃないんですか。後輩に仕事を教えることも先輩の大切な仕事なんじゃないんですか。自分の仕事だけして、後輩がどういう状況でどのように困っているのか把握しましたか。少しでも私のことを気にかけてくれましたか。こっから心機一転、明日から頑張るぞ!という気持ちの切替は到底出来そうにない。今日家に帰る前に本屋によって公務員試験の参考書を買っておこう。年齢制限があった気がするけれど、たぶんまだ間に合うはず。転職をするにはまだ遅くない、まだ大丈夫だ。できれば、今年中に転職先を見つけて、さっさとこの職場から去ってしまおう。20代という大切な時期に社内ニートで無駄に食いつぶしてしまうほど、愚かなことはないな。さっさと今の会社に見切りを付けて、次に行かなくちゃ。転職しても私の人生を汚させはしない。例え転職したことで、だれかに嫌味を言われてとしても、気にしないで、自分の判断が間違っていなかったと自信を持つこと。たぶん、これからいいこといやなこといっぱいあるかもしれんけど、たくさん吸収して今よりも魅力を兼ね備えた人間に成長したい。今このままだと何も変わらないどころかあらゆる面で退化してしまいそう。家に帰って「明日も何もやることがないんだろうな。仕事をする振りをもうしたくないよ。会社に行きたくない」と苦悩しながら夜を過ごしたくない。明るい気持ちで夜を満喫して、次の朝に望みたいよ。

 

 

今日は一切眠くならなかった。何も任されなかったので、自主的に新規顧客を探していたからだ。能動的に動かないと、人は眠くなってしまう、例えそこが眠くなってはいけない場所だとしても。いや、眠ったらだめだ、と思うと余計に眠くなってしまうものなのかも。外に出ることなく、一日中座りっぱなしだったので御尻が今にも爆発してしまいそうである。一時間に、いや30分に一回は動いたほうがよかったんだろうな。眠くなっていたときはもうそれは頻繁に歩いていましたよ。

 

 

今日はほんとに一人で、職場で放置されて、辛かったな。

 

5,461歩

 

「無限」に魅入られた天才数学者たち (ハヤカワ文庫NF)

「無限」に魅入られた天才数学者たち (ハヤカワ文庫NF)

 
色のない島へ──脳神経科医のミクロネシア探訪記 (ハヤカワ文庫NF)

色のない島へ──脳神経科医のミクロネシア探訪記 (ハヤカワ文庫NF)