眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

69日目「人生が変わる音が確かに聴こえた」

仕事の事を考えて鬱々と過ごした一週間。もう仕事なんて辞めたい、辞めてやろうと思っていた。何で辞めたかったのか幾つか理由があるけど、一番は放置されていて本当にしんどかったから。待っていても先輩から仕事を振ってくれないので、「何かお手伝いできることはありませんか?」と先輩に聞いてみたら「これやっといてーー」と30分もあれば終わるような簡単な仕事を振られて。まず、仕事があるなら振ってください!私が手持無沙汰だったのがわかりませんでしたか?そうですか、LINEに夢中でしたか。今勤務時間なんですけどね。私が暇そうにしていることよりも、LINEの相手がどのような反応を示すかに夢中なんですね。あれ、先輩って教育係を任されていたんじゃなかったんですか?いいんですか、こんなことをしてて?本当にいいと思っているんですか?

 

と心の中で煮えたぎる黒い気持ちを抑えて、早く終わらせたらまたやることがなくなってしまうので、丁寧に丁寧に仕事を仕上げる。ほんと、こういうときに「なんでこんなしょうもない工作をしなくちゃいけないんだろうなあ」と空しくなります。

 

そんでもって、先輩から放置されているということが本格的に辛くなってきたのが昨日で、定時になってそそくさと会社を出て、体がばっきばきに固まっていて動くのがものすごく気持ち悪かったんです。なので、やりたくはなかったんですけど、コンビニで発泡酒を買ってむりやり体に流し込んで、体が麻痺した状態で家に着きました。ももクロの映像をえんえんと見てたんですけど、頭の中央で「今日は放置された。明日も放置されるぞ」という考えがなかなか離れなくて、リフレッシュできなかった。

 

そして今日。蓋を開けてみたらほぼ放置でしたね。教育をする気がないんですか?教えるよりも自分でやったほうが早いからやっちゃったんですか?もうなんなんですか、あなたのその言動でどれだけ私が悩んでいるか、ストレスを溜めているか、しごとを辞めたいって悩んでいるか気づけないんですか?まあわかんないでしょうね、半年にわたった末の今日がこのざまなんですから。はあ、もうあなたに期待するのは辞めました。そんでもって会社を辞めて、地元に戻ります。

 

と思っていたのが2時間前。体にたまった不純物を吐き出すために水泳をして、4日前にやったときに比べて体が軽くなっていることに「あれ?なんでこんなにスムーズに泳げるんだ?」ということからすでに伏線が張られていたのかもしれませんな。

 

家に帰って、すぐに親に電話しました。「今日も一日中放置されて......。こんな時間過ごしているぐらいなら、会社を辞めてほかの仕事をしたほうがよっぽど有意義な時間を送れるわ」と相談して。で、いろいろと話していくうちに今のところでとりあえずやってみて、もしきつくなったらやめて戻ってこればいいということになりました。私は親に本当に恵まれてたなって思います。ここまでつっこんだ相談、知り合いにできないしそもそも東京に知り合いがいない。彼女だってある程度は聴いてくれるけど、彼女も彼女で仕事で精一杯だから。その点、親は私の事を生まれて時から今までずっと見てきてくれるから、多少大げさなところはあるけれど、私が言ってほしいことをそのタイミングでいってくれるし、とにかくすべてを受け止めてくれる。もう、優しすぎるでしょ!!!

 

ということで、1時間半の会話の末に出した結論は、

 

・会社を辞めてやる!という気概があれば「なんで仕事のやり方をそっちから教えてくれないんですか?」なんてつっこんだことも聞けるでしょ聞いていこう。嫌われたとしても、別にいいじゃん。そんなにその人の事が大事なの?その人は私の事を大事にしてくれたの?してくれてないならする必要はないんじゃない!

 

・社内でただじっと座っているのは精神的にも身体的にもしんどい。「あいつなにもやってねえのかよ」と周りに思われているんじゃないかと悩むぐらいなら、外に出て営業をしろ!個人に対して厳しいノルマが課せられているわけではないので、ある程度余裕をもって動けるんですよ。初めはどういうふうに営業すればいいのか分からないかもしれないけど、実際に人と話してみないとどういったところで躓いてしまうのか、どういったところをもう少し磨いていけばいいのか、ということが分かってくると思うんですよ。そこで教育をまともにしてくれなかった先輩の出番です。そこでびしばし分からなかったこと、こういう風に営業をしたんですけど、どこが間違ってますか?どういうふうにしていけばいいですか?って質問攻めにしてあげればいいんです。今までいろいろストレスを溜められてきたんだから、少しづつ返していかねば!!!

 

はーーー、すごく気持ちが楽になった。今度こそ「応答せよ1988」を観るぞ。

 

 

 

 

Re:Story

Re:Story

  • provided courtesy of iTunes

 

息抜きが下手下手下手!
眠気全開 寝たい寝たい寝たい!
難しい話 めまいめまいめまい!
気味だね気味だね気味だね ややお疲れ気味だね
支離滅裂に尻を叩かれて
力の限り振り絞ってみても
明日は明日で嵐のようで
僕の話は明後日のようで

ももいろクローバーZ「Re:Story」

 

最初に聴いたときは「えっ、微妙じゃね?」と思ったんですけど、何度も何度も聴くうちに、この曲のよさに少しづつ気づけるようになりました。8月が終わる前にこの曲が好きになれてよかった。そして、9月の新曲がすごく楽しみ。あとは、浜松のAEイベントが当たりますように。

 

4,913歩