眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

【2018夏】韓国旅行三日目

早いもので、一日をフルに使えるのは今日で最後。でも身体は着実に疲労が溜まっているので、そこまで動きたくない。

 

9時頃に起きて、明洞のイエジ粉食へ。おじさんとおばさんが経営してるお店で、何年か前に行ったことがある。純豆腐チゲを頼むと、それに付随しておかずがたくさん出て来て、これが韓国なんだよなと再認識。チゲの味は可もなく不可もなくでした。もうすこし出汁の味が強くてもよかったかな。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222737j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222727j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222719j:plain

 

次に今回の旅で三回目の雪氷へ。果物は飽きたので、ヒット作のきな粉雪氷を注文。味は確かに美味しくてこれはこれでありかもしれないけれど、お菓子というよりかは御飯みたいな感じで、これに追加して果物の雪氷を頼みたくなったが、お腹を下してしまうので諦める。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814223357j:plain

 

 

体力を温存したいので、一度ホテルに戻り、かるーく寝ました。これのせいで後々めんどーなことに。

 

次に昼御飯を食べるため鍾路5街にある広蔵市場に。ユッケチャメチッというお店で、ここは前回の旅行の時に訪れたときにとても気に入って、ここに行くために今回の旅を計画したようなもんです。一年ぶりのユッケ(12,000ウォン)は相変わらず美味しくて、頬が落ちそうなほどに幸せを感じました。いつまでもこれを食べていたい。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222817j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222808j:plain

 

 

まだお腹に余裕があったので、スニネピンデトッへ。広蔵市場で最も人気のあるピンデトッ専門店だそうで、確かに一番人気の緑豆チヂミ(4,000ウォン)を堪能。美味しい。でも、揚げたてが食べたかった。揚げたてだったら、もしかしたら今回の旅で一番美味しいものになったいたかもしれないのに。そしてこの量を一人で食べるのはちときつかったです。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222910j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222901j:plain

 

 

そろそろやることがなくなったきたし、お腹は満たされたいるので、最終手段のソウルタワーへ。明洞からケーブルカーまでの距離はそこまで遠くなく、ケーブルカー(往復:9,500ウォン)の移動時間も思っていたより短かったので、そこまで負担はありませんでした。少々曇った空と、一面のソウルの街並みは、まあよかったです。そこで満足してしまって、10,000ウォン払ってまでソウルタワーに昇るのは消化不良に陥りそうだったのだ諦めました。ふらふらとソウルタワーの施設を見て回っていると貢茶が。一休みしようとしたらリニューアルオープンのため、改装をしてました。あとはスタバがあったのですが、もういいかということで、滞在時間約1時間でソウルタワー麓を後にしました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222852j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222925j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222833j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222843j:plain

 

 

またホテルでゆっくりしたあとに、夕飯を食べるために明洞へ。チルチルミチルというお店へ。「チルチル」は、代表的な定番人気メニューのフライドチキンをはじめ、オーブンで焼き上げたローストチキン、サクサククリスピーチキン、クリームやチリソース味、創作鉄板料理など、変り種チキンが揃います。だそうです。ここでは「甘辛チキン」という、名前そのまんまのチキンを食べました。美味しかったんですけど、味がしっかりしてて食べるごとにヒットポイントが削られていったことに加え、二人で食べるにもけっこうしんどい量でした。このごはんが韓国で食べる最後のしっかりとした御飯になるなら、東大門のタッカンマリのほうがよかったのかもなと後悔。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222916j:plain

 

 

その足で四回目の雪氷へ。最後は後悔したくないので、三回食べて一番美味しかったマンゴーグレープフルーツ雪氷(11,900ウォン)を購入。この美味しさを僕は忘れないぞ。日本では原宿にあるんですけど、原宿は完全にアウェイな場所で一切足を踏み入れたくないので、当分は雪氷に行くことはないでしょう。ありがとう、雪氷。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222851j:plain

 

最後の足掻きで、明洞駅前にある貢茶で「ブラックミルクティー+ホワイトパール」(4,500ウォン)を注文。ホワイトパールはたぶん日本にはないトッピングで、どんな食感だろうとわくわくしてたんですけど、苦手なやつでした。

 

ホテルへ帰って、のんびりして、明日は早いけれど少し夜更かしををして、0時20分ぐらいに電気を消しました。そこからがとてもつらくて、日中にちょこちょこと寝たしまったせいで、疲れて眠気はあるのに寝れないという辛い状況に。一時間半は格闘してたと思います。気付いたら眠っていて、すぐに朝が来てました。眠い。

 

あと少しで、韓国を去る。