眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

58日目「寝れないじゃないかよう」

寝れなかった。これ、たぶん時差ボケのせいだ。自分では「よし、日本の時間にようやく戻ったぞ」という感触はあったが、身体のほうはまだヨーロッパの事が恋しいせいだろうか、あっちの時間に合わせてくる。25時になっても、26時になっても眠気は来ず、諦めてももクロの楽曲解説の本を読んだり、妄想をしたりしてみたが一向に眠気は来なかった。一昨日も昨日もほぼ室内にいて、太陽の光を浴びなかったから体内時計がくるったままなのか。途中で寝ることを放棄して、起きていることにした。眠くないけど別に何かしたいわけでもないから、無意味に時間が過ぎていくのが空しい。小説を読もうにも頭の動きが淀んでいるから内容がうまく把握できないん。しかたないから外が明るくなるのをぼーっと待ちました。朝の5時ぐらいになったらようやく眠気が来たけれど、まあ間違いなく今寝たら一時間後にすっくと起き上がる自信がなかったので、眠気を何とかごまかしました。やることないし、と思っていたら図書館の本が部屋に転がっていることを思い出して、重い腰を上げて歩いて返しに行きました。朝6時のこのあたりの雰囲気ってこんな感じなんだ。この空気感、小学生の頃に眠い目をこすって行っていたときのラジオ体操のそれに似ているな、と思いながら、途中で缶コーヒーを買ってのんびりと歩きました。清々しかった。

 

そっからいつもより早く家を出て、一日中、眠気との戦いでした。オールをしたあとにそのままバイトに突入して、目の周りがほんのりとあったかくて頭がぼおっとして視野が狭くてうまく物事が考えられないときのそれだ。ようは寝不足で体の動きがのろかったのです。それでも何とか乗り越えられたのは、明日のももクロが楽しみでしょうがなかったからでしょうね。今日もほんとやることなくて、仕事をしているうえで分からない言葉をえんえんとネットで調べて、頭に叩き込んでいました。今はそういったことをする期間なんだ、と開き直ることにしました。クロレッツを何度も噛み潰しては、早く定時にならないかやきもきしてました。途中、所用で30分ほどだけ外出したんです。それもちょうど日があまり射していない時間帯だったんですけど、サウナのような外気に慣れていなかったのか、5分ほど外を歩いただけでぶわっと体中から汗が噴き出して、びっしょりになって、とても気持ち悪かった。これを何回も繰り返せば慣れるのかもしれないですけど、これ、慣れる前に死んじゃうよ。「営業はこの暑さに耐えてなんぼ」なんて、今と昔は違いますよ先輩、これ死ぬ奴ですよ。とりあえずは事務仕事オンリーを任せてもらえるので、社内で快適な環境の中で足りなかった知識を吸収していきます。

 

で、定時になってそそくさと会社を後にして、カッターシャツを買ってきました。今日、半袖のカッターシャツを着ようとしたら昨日着たぶんで無くなっていて「一着しかないんかい!」と憤りを感じたので、寝不足の体をなんとか突き動かして行きました。白ければとにかくよかったので、ささっと選んで購入。「会員登録をすれば初回だけ5%引きになりましてね」と言われて、それはでかいからな、とそそくさとスマホをちょこちょこ操作して、割り引いてもらいました。そのあとはほうほうの体で家に帰りました。

 

よく今日という一日を乗り越えられたと思います。家に着いてからはすぐにシャワーで汗を流して、ももクロのDVDを受け取って、ごはんを掻きこんで、安心して寝転がっていました。幸せだ、今ここで寝転がるのが最適解だ。そんな桃源郷にいるような心地で布団のうえに寝転がっていて、はっとして目が覚めたのが20分前。あっ、と変な時間に寝てしまったと後悔。ほんのりと眠気は残っているんですけど、これ、今寝ても寝れる自信がない。なんせ昨日の今日で、寝れないという直感には自信があります。いやあ、明日は11時から早稲田で演劇があるから早く休息をとりたいんですけど、徐々に眠気がなくなってきている。この文章を書いている今もどんどんと眠気ゲージが減ってきている。文章なんて書かないでさっさと電気、消して寝転がればいいんですけど、一日に一回は文章を書かないと満足しない体になってしまったようです。とりあえずは9時には起きれるように画策します。明日はあんまり暑くならないことを祈っています。半日、外に出ているなんて今年の夏は経験していないから、不安でしょうがない。いい席になることを祈っています。もっと前からファンクラブの会員になっていればよかったよな。以上です。

 

13,773歩