眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

寝れない

もう午前2時なのに、全く眠気がやってこないので灯りをつけてスマホと向き合っている。やけに興奮している。さきほど、どうせ一ヶ月間も仕事を休むのなら海外旅行に行こう、ヨーロッパを周回旅行してやろうということで、ネットでちまちまとその手のサイトを眺めていた。4カ国ほどを10日間で回りたいな、それならばスタート地点はイタリアにして、いやいやそれだと航空券が高くつくから......と妄想していた。ロックフェスティバルに行けるのか、キャットフィッシュアンドボトルメンのライブが観れるじゃないか!だとしたらこうしてこうしてこうして.......と妄想が止まらない。時間も時間なので寝るか、と電気を消して床についてみたものの、全く眠れる気がしない。海外のことが頭をちらついていて、そればかりを考えてしまう。

 

すごくヨーロッパに行きたいわけではない。知らない世界を自分の目で見聞きして、自分の視野を広げたいのだ。そのやり方としてはもっと手っ取り早いのだと囲碁をやってみるとか、ヨガをやってみるとか。いろいろ思い付くけど、それよりも刺激の強いことをしてみたくなった。行ったこともない土地に一人でいって、映画でしか観たことのない土地に自分の足で立って、世界を観たいのだ。

 

分かってます、分かってますよ。これが現実逃避なんだってことは。でも、現実逃避をして何が悪いのさ?今まで自分を圧し殺して生きてきて、もうこれ以上他人に必要以上気を配ることに疲れたんだよ。「お前には気配りが足りない」と言った上司のことを考えるだけで吐き気がしてくる。お前に怒られるために俺は生きてきたんじゃあないよ。

 

自分のしたいことをしたいときに思う存分して、何が悪い?いいよ、そうしたことでやってくるつけは全部引き受けてやるから。まあ、ちょっときつくなってしまったときは、まあ逃げるけどね。

 

ということで、ARCTIC MONKEYSを聴きながら、どのようにヨーロッパを旅行してやろうか考えていきます。

 

当分寝れそうにない。