眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

佐々木彩夏ソロコンサート 「AYAKA NATION 2018 in 横浜アリーナ」感想

今回のライブがあーりんのソロコンの3回目ということで、私にとっては初めてのライブでした。

 

私は知ってる曲でないと、知らない曲でもよっぽど魅力的な曲じゃないと盛り上がれないことがわかりました。序盤はシングルの曲や誰もが知ってるであろう曲をやっていただいて盛り上がれたんですけど、途中から聞いたことないし歌詞もビミョーだし......という残念な時間が流れました。こればっかりは何の曲をカバーするのか分からないので予習のしようがないのでしょうがないんですけど。でも、途中にやった布袋の「Poison」がむちゃんこかっこよくて、ベスト借りて帰ろっかなと思ったぐらいに魅了されてしまいました。本編ラストの「Hanabi」はすごくよかったです。すごく歌いづらそうだったんですけど。

 

あーりんの本領が発揮されたのはアンコールからでした。ソロ曲連発で今まで叫び足りなかった「あーりん!!」を何度も何度も叫んでストレスを発散させるとともに、これからのももクロを支えていってほしいなと、「ゴリラパンチ」を観ながらしみじみと思っていました。「だってあーりんなんだもん」ってこんなにも魂をもっていかれるほどにすさまじい曲だった、ということを感じさせられたライブでした。

 

アンコールの前に流れた「あーりん講座」がもう面白くて、これだけでも十分に今日来てよかったと思える代物でした。あれをつくるのにどれだけの時間を費やしたのだろうか......。

 

というわけで、3時間ものあーりんを堪能して、今は猛烈にももクロを聴きたい気持ちになってます。明日はアジカンのライブなので予習しとかなくちゃ、なのに。それ以前に明日は上司に休職する旨を伝えなくちゃ、なのに。

 

家につくのは、ぎりぎり日を跨がないくらいの時間かな。明日なんて来なければいいのになあ。


f:id:bigpopmonsterpro:20180624220252j:image


f:id:bigpopmonsterpro:20180624220253j:image