眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

43日目「「「」」」

昨日から梅雨入りしたのかと思っていた矢先の気持ちいいほどの快晴は、外をえんえんと歩き続ける営業にはちと辛いところがありまして。まだ暑さに慣れていない体で水分を摂取しないで歩いていると、ふと死が過りますね。

 

今日は先週から溜め込んでものをばさっと出して、こーしろと言われてこーして。でもよくわかんねえや、どうしたらいいんですか?と聞いてみたら「そんなやり方じゃ埒明かないよ!知恵を使え、知恵を」を優しくいなされて、なんとなくですが道筋は見えました。そして、本当に私はこの仕事に興味がないんだなあと思いました。ある程度興味を持っていたら自分からすすんでいろいろと勉強をするんだろうと思うんですけど、いや、ただ単に仕事に対して怠惰でふざけた態度を取っているのか。もうこんな自分が情けないやら悔しいやらで。どうしたいんだろ。

 

このままここにいていいのか?という疑問に答えは出ないので、明日、ここではないどこかの選択肢を探しに行ってきます。

 

20,238歩