眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

38日目「まだまだだね」

気を配ることってこんなにも難しいのですね。私はほとんど人のことを思って行動できていなかったことを痛感させられました。

 

「こういうときはどうしたらいいと思う?そんな難しく考える必要はないよ」

 

「怒ってるいるんじゃない。そんなにあたふたとテンパっていることに対しては駄目だと思うけどね」

 

「分からなかったらすぐに聞いてくれって何度も言ってるだろ」

 

正論過ぎて、ぐうの音も出ません。私は働くこと、ひいては人とのコミュニケーションに関して本当に向いていないと実感しました。きちんと働くことはできないだろうな、と中学生の頃からぼんやりと考えていたんですけど、実際に働いてみてこんなにも人との関わりが難しいんだと何度も思わされる日々です。

 

ああ、一日中机に向かってかたかたとそれっぽいことをしてたい。給料は少なくてもいいから、明日のことを考えたときにぎゅっと胸を締め付けられるのはもうやだよ。嫌だ嫌だ嫌だ、こんな生活に満足などしてない!とは言いつつもね、変化するってのはこれまた難しいことで、にっちもさっちもいかなくなってもしものことを考えてぞっとしてほっとするを繰り返す私は正常なのでしょうか?

 

22,820歩