眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

29日目「楽になりたいなどうしたらなれるんだよ」

仕事をしているとき、なんでこんなにも緊張をしてしまうんだよ。もうなんで分からないことをそこまで問い詰められなくちゃならないんだよ。教えてほしいんだよ、そんな感じで詰め寄られたら萎縮してしまうだろ。弱い人間なんだよ、感情の起伏に対していちいちビクビクしてしまう気弱な人間なんだよ。そういうのとか考えないでさ、杜撰に仕事を振って、そんでもってなんとか分からないなりにも仕上げたものを「は?」というような態度で向かってこないでよ。怖いよ。怖いんだよ。もう少し優しい言い方ってできないんですか?こっちが我慢すればいいんですか?仕事が出来ないんこっちがへこへことしなくちゃいけないんですか?自分の方が仕事を知っている、出来るからってそんなにも威張らないでくださいよ。貴方にだって新人の時はあったでしょう。そのときに分からないことがあって不安だったときがあったでしょう。そんときに先輩に分からないことを聞いて「は?なんで分かんないの?」ばりの勢いで来られたらきついでしょ?きついんだよ。分かって欲しいよ。今日少し残業したけど、無駄残だったよ。も少し気を遣ってほしいというのは私の贅沢ですか?はい分かりましたそうですか、我慢した方がいいですかね。家に帰っても分からなかった仕事のことをぐちぐち考えてて、テレビ見ててもぜんっぜん集中できなかったんだよ。あーー、仕事が生活を汚染していく。とか言いながら他人に責任を押し付けている自分って駄目だよな、って気づいてますけど、どうしたらいいのかもう分からないよ。つかれた。

 

思い込みが過ぎる自分を楽にしてあげたい。それを出来るのは他でもないじぶんしかいないから。