眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

22日目「前途多難なぐらいがお誂えだね」

今日も一日中会社に軟禁。やることがあったので、それを淡々とやっていて気付いたら就業時間を過ぎていたという幸せ。しかしなあ、こんな地味なことをやるためにこの会社に入ったんじゃないんだけどな。ということをあと何回繰り返したらいいんでしょうかね。まあ、下手に人間と関わって心身を磨耗するよりかはましですけど、一日中パソコンとにらめっこしてると眼精疲労がすんごいになってます。ほぐしてあげなきゃ。

 

そろそろ、職場の人間の本質とやらがちらほらと見えてきました。最初の一か月間は「面倒見がいい人だなあ」と感じていた人は「自分の仕事を持っていないの、かな?」と心配になったり。化けの皮が剥がれてしまった人は気分によって仕事をしているようで、自分のなかでは同僚に言ったつもりのことでもそれは自分の中で完結していて、「おい、あれやったよな」「いや、そんなこと聞いてないっすよ」......(不機嫌になる)(だんまり)......いやいやいやいや、ここは小学校ではないんですよ、仕事をする場所なんですよ。自分の感情ぐらいコントロールしてくださいね、あなたのその上下乱高下が頻繁な気分に振り回されるこちらの身にもなってくださいよ。と思ってもそんなことは当人に対しては口を裂けても言えない。というか、言わない。そんなこと言ったとしてもあの人は聞く耳持たないだろうな、だからあの年でもまだそんな幼稚なふりをし続けられるんでしょうね。

 

嫌だ嫌だ、あれだけ他人の悪口を聞いてるだけで気分が悪くなると言っていたのに、いざ自分が標的になったら発散させたくなってしまいたくなってしまいました。これはこれは取り乱してしまいました。大変申し訳ございません。

 

 

さて、GWが終わってしまいまして、次に祝日がやってくるのは7月のことですよ。そんな先まで生きている自分の像をうまく想像できない。果たして、そんな遠い遠い未来、私はどんな人間になっているんでしょう。こんなところでぐちぐち言っている暇があったら、自分の性格を変えるために話し方教室の予約をしなさいって。と思ってもぐだぐだあーだこーだテキトーに屁理屈つけて、サキノバシにする、私の悪い癖はなかなか治らないものです。

 

SIX LOUNGEが急に自分のなかに入り込んできて、おいおいおいすっげえかっこいいじゃねえかよ、なんでもっと前から聴いていなかったんだよこんちくしょう、と興奮してしまいました。声、ボーカルの声がとても艶やかで、The cheseraraを初めて聴いたときのあの衝撃を思い出しました。私は演奏よりも、歌詞よりも、ボーカルの声に惹かれて音楽にのめり込んでしまうんだということを再認識しました。でも、東京のライブは売り切れちまっているし、売っていたとしてもワンマンじゃないからな。早くがっつりとワンマンライブを、できれば土日にやっておくれよ。

 

kwkmのひとりふんどし待機です。

 

夢うつつ(初回限定盤)(DVD付)

夢うつつ(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: SIX LOUNGE,ナガマツシンタロウ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る