眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

17日目「たちっぱなしつらっ」

午前中は事務仕事をさらさらとやってしまい、午後からはずっと立ちっぱなしでした。目的もなく立ち続けるのってほんと辛いです。こんなことをしてて、私は仕事ができるようになるのかという不安は日に日に募っていきますが、まあやっていくしかないんですよね。今転職活動をしたとしても会社に誇れるほどのものを身に付けられなかったし、入れたとしても今のところよりはぐっと待遇が悪くなってしまうのは目に見えているので、とりあえずは様子見です。とにかく目の前にあること、一歩先にあることに真剣に取り組んで自分の力にしていくしかないんですね。

 

遂に、遂にようやく、仕事のあとのノープランの飲みに誘われました。仕事が終わるたんびに「飲みに誘われるのか」とぷるぷる震えておりまして、遂にその日がやって参りました。二回りほど歳の離れた先輩とのマンツーマンの飲み。すっごく不安だったんですけれど、いざ飲んでみたら杞憂でした。普段から気さくにたくさん話しかけてくれる方で、飲みの席でもそれは変わらずに、たくさんのお話を聞かせてくれました。「おい、全然酒を飲んでいないんじゃないかい?」と鬼気迫る勢いで詰め寄られることはなく「どんどん好きなものを食べなよ」と笑顔で言ってくれるもので、ついつい甘えてしまいました。直近の先輩よりも共通点が多くて、同じ職場の中では一番話しやすいのではなかろうかという具合に完全に弛緩して飲んでいました。こんなに楽しい飲みなら、週に一回だとしても全然オッケーじゃないですかと安堵しました。

 

ほろ酔い気分で家に着いてからは、ふにゃふにゃと過ごしてしまいました。昨日はあんなに「勉強をしなければ、身になる勉強をしなければ社会人として成長できない!」と鼻息荒く息巻いていたのが嘘のように「まあ、一日ぐらいのんびりしても、そんなに変わらないよね~」と弛緩してしまいました。明日頑張れば、いいよね?

 

11,745歩

怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫)

怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫)