眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

9日目「ふと正気に戻るとぞっとする」

普段はあまり深刻なことは考えないようにしているんですけど、お酒を飲んで気が緩んでしまうとついつい「俺、これからうまくやっていけるのかよ」と不安になってしまう。それがどんどんとマイナスな方へと向かっていくにつれて「やっぱりこの仕事合ってないんじゃないかな」と逃げ出したくなる。責任感なんてもの、背負いたくないんだ。いつまでも親の庇護のもとでのんびりとやっていきたいんです。でも、でもね、そろそろいい大人の歳になってきたんですからね、背負うものは増えてくると思うんです。そこに痛みを感じることだってあるでしょう。でもそこでぐっと持ちこたえて、耐えて耐えて耐え抜くことで人として成長できるのだ、、、。とは頭では分かっているつもりでも、いざ現実と対峙してみると「やっぱめんどいわ」ってなっちゃうんですって。そんな不安な気持ちをうまく誤魔化していくのが大人なんでしょうかね。みんな、不安を圧し殺しながら仕事をしているんですか?

 

ああ、明日が土曜日だったらいいのに。午前中ずーっと寝てたい。ふう、そろそろ寝る準備に入りますか。飲み会の嫌いなところは、家に帰って寝るまでの自分の時間が削られてしまうところです。今日なんてせいぜい一時間あるぐらいなもんで、そんなんじゃ全然仕事中に溜まったストレスは発散できんですよ。爆音で音楽聴いて少しの間だけ現実逃避したいけど、今はとにかく人と話して落ち着きたいから、親に電話してみます。まだ起きているかな。

 

 

15,901歩