眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

「はやくかえりたいんですかあ?」

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

「大した量の仕事を任されていないのに、忙しそうな振りで必死だな。残業してるなんて恥だろ」

 

誰かの言葉がすっと心のなかに入ってくる。それは他人を攻撃するきたない言葉だけど、自分もおなじことを思っているので「よくぞ言ってくれた」と喝采を浴びせたくなる。くだらねえな。

 

「そんなに必死になってはやく帰ろうとしている姿をみていらっとするんですよ」

 

自分の仕事の仕方がへたくそで、後輩にまで迷惑を与えている残業体質の後輩くんは今日もせっせと仕事っぽいことをしているようです。時折愚痴を溢しながら、ぼりぼりとお菓子を食べたり、同期と仕事と関係のない話をして笑いあったり、疲れたら勝手にたばこ休憩に行ったりして。いいご身分だこと、それで定時内に仕事が終わらなくて、悠々と仕事をして残業代をぺろっともらってっちゃってるんだもんな。よくもあんなふてぶてしいことを言えるよな、どんな神経してるんだか。

 

「まーたあいつがやらかしたんだって?さっさと気付けよな、自分の無能さに」