眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

ホワイトデイの

お返しとか、そもそもバレンタインデイとかにうきうきしていない、あげる方も貰う方も。義務みたいな、それしてないと微妙じゃね?みたいな雰囲気的なものが流れ出しそうだからとりあえずやっておきましょー、的なノリが散見されるようなんですけれど、なかなか止められないんですよね、こういった行事は。

 

去年何あげたのか覚えてない。それどころか誕生日に何あげたのか覚えてないし、こういった物のやりとりにあまり面白味を感じない。惰性で続けていることがこのうえなく虚しくなる。

 

今回は気合いをいれようと思って、新宿伊勢丹でPIERRE HERMÉ PARISを買うことにして、でもすごい人ですな。並んで物を買うことが嫌いで嫌いでたまらない私ですが、折角ここまで来たんで、買うしかないでしょ。それよりも、早く家に帰って先程買ったジャック・ケッチャムの「隣の家の少女」を読みたい。気分悪くなりてえ。


f:id:bigpopmonsterpro:20180312190826j:image

広告を非表示にする