眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

ディックのドラマ

 

 

ディックのドラマを見た。彼のことは「ブレードランナー」ぐらいしか知らないしとっつきづらい印象を持っていたので、映像なら少しは敷居が低くなるんじゃないかと思って見てみた。2つの現実を行ったり来たりしてどっちが本物?というのと、自動的に動く工場のせいで環境が破壊されていく、それを食い止めるために......というのの2つを見た。ストーリィ自体は大して驚きが隠されているようなのではなかったが、映像がとにかく綺麗で、アメリカはドラマでさえもこんなにお金が使えるのか、さすがだなと馬鹿な感想しか出てこなかった。吹き替えしか用意されていないようで、どうにも物語に入り込めなかった。ストレンジシングスというのが面白いそうだが、Netflixじゃないと見れないので、当分はディックで我慢することにする。早く「anone」が見たい。