眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

NOTHING BUT THIEVES JAPAN TOUR 2018 感想

彼らのことはTSUTAYAをうろうろしていたときに、洋楽の新作でかっこいいジャケットのアルバムを見つけたときに出会った。とにかくボーカルの声が艶やかでかっこよくて、一聴き惚れしてしまった。それからはちょっと疎遠になったが、日本でライブをやることが決まって、2ndを聴いたらまたやられた。

 

 duoは二度目で、柱が邪魔くさいんだよ。開演ギリギリに到着して、なんとかステージが見える位置に移動する。定刻から10分ぐらい過ぎてメンバーが現れて、あっという間の90分弱でした。演奏に圧倒される!とまではいかなかったし、コナーの声も調子が悪いのかな?と思うほどにあまり出ていなかったけれど、それでもとてもかっこよかった。メンバーがイケイケのがたいで驚かされた。ドラムの眼鏡がかっこよかった。そしてコナーのルックスからは想像できないほどの美しいハイトーンボイスに癒された。とにかくこのバンド、曲がいいんだよ。まだこれで2ndを出したばっかりだなんて、どんだけこれからが楽しみなんだよ。ということで2018年のライブ初めはNothing But Thievesでした。

 

〈SET LIST〉

01.I'm Not Made by Design
02.Live Like Animals
03.Trip Switch
04.Wake Up Call
05.Soda
06.Number13
07.Drawing Pins
08.Graveyard Whistling
09.I Was Just a Kid
10.Honey Whiskey
11.Itch
12.If I Get High
13.Broken Machine
14.Hell, Yeah
15.Ban All the Music
16.Sorry

 

EN

 

17.Particles
18.Amsterdam


f:id:bigpopmonsterpro:20180118123120j:image