眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

Base Ball Bear Tour「光源」感想

ベボベのワンマンライブを観るのはちょうど一年前、同じ場所でベストアルバムのツアーのライブでした。また同じ最果ての場所で観れることに少しの感慨を持ちながらライブハウスへ。とにかく寒い。とにかく風が冷たい。必死の思いで横浜BAY HALLへ。あー寒かった、おおだいぶ空いているな。まだまだベボベは売れていないんだな。嬉しいんだか寂しいんだか。この距離感がちょうどいいのか。

 

「光源」はあまり好きなアルバムではないんですけど、ライブで聴くとだいぶ印象が変わりました。特に最初の2曲が凄くいいんですよ。MCで言っていたんですけど、青春の曲を改めてやるにあたって、ようやく落ち着いた心境であの頃を思い出せる。なので、あんなエピソードも語れるんだろうな。

 

相変わらず小出さんのMCがきれっきれで、楽しく話を聴けました。あと、メンバーの笑顔がほんとうに素敵で、終始ニコニコしながら観てました。このままずっと続いてほしいな。同期のチャットモンチーが解散を選んだので、少なからずなにかしら思っているはず。今のペースでいいので、とにかくバンドを続けてほしいです。

 

恋する感覚を関根さんと弓木さんで歌うっていう貴重な場面や、GIRL FRIENDってやっぱり凄くいい曲だよなと染々思ったり、CRAZY FOR YOUの季節でこんなにもテンション上がったっけ?と驚いたり。高校生の頃によく聴いていた曲だったので、あの頃の苦くて辛い思い出が甦ってきそうだったので必死に目の前の演奏に集中しました。まだまだあの頃は思い返せそうにないです。

 

来年はどんな活動をしてくれるのか、ワクワクが止まらないです。とりあえずはシングルを出して、フルアムバムを出してからのツアーを期待してます。

 

 

〈セットリスト〉

01.SHINE
02.Stairway Generation
03.Low way
04.(LIKE A)TRANSFER GIRL
05.抱きしめたい
06.「それって、for 誰?」part.1
07.恋する感覚
08.GIRL FRIEND
09.WHITE ROOM(弾き語り)
10.Transfer Girl(弾き語り)
11.寛解
12.リアリティーズ
13.すべては君のせいで
14.LOVE MATHEMATICS
15.逆バタフライエフェクト
16.CRAZY FOR YOUの季節
17.Darling

 

EN

 

18.PERFECT BLUE
19.十字架You and I

 

 
f:id:bigpopmonsterpro:20171217203216j:image

 

 

〈関連記事〉

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp