眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

転がり続ける

疲れは殆どとれたと思ったが念のため今日は午後近くまでだらだらと惰眠を貪った。気持ちいい天気の日に、家で布団の上に寝そべりながら漫画を読んでいるなんて不健康な休日の過ごし方。最高すぎて、これ以上ないほどに堕落している感じが気持ちいい。だらだらに飽きたので、家を飛び出して渋谷に行っても借りたいCDはなかった遅かった。新宿で本をたくさん買ってさて読むぞと思ってもなかなか頭に入ってこないので「アオイホノオ」をずんずん読み進めた。一瞬たりとも飽きが来ないって、よくよく考えたらすごいことだと思いながら今日で18巻まで読んでしまった。計画性のない男。これからどうしてけばいいんだい。

 

あさつゆ通信 (中公文庫)

あさつゆ通信 (中公文庫)