眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

かったるいの向こう側

もう知らん。

 

誠実に生きてもこんな仕打ちを受けるなら、もう堂々と自分のやりたいことをする。

 

あっというまに時間は過ぎてしまうから、好きなことし続ける。

 

後先のことは多少は考えるけど、あとは爆裂に好き勝手やる。

 

こうしなければいけないとか無駄に拘束されるのは嫌なんだよ。

 

もうそういう生き方に飽きたんだろ?

 

飽きたんだよ。

 

かっとばす。