眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018『One roll, One romance』at Zepp Tokyo 感想

ニゾンのワンマンライブを前回観たのが去年の8月、UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr.Izzy」でのライブであるからかれこれ一年以上も間が空いてしまった。ようやく、最新型の彼らを目撃できました。

 

かっこよかった。ロックバンドかくあるべし!と大声で叫びたくなるぐらい、完璧なライブだった。一瞬たりとも飽きさせないパフォーマンスを繰り広げる3人には常に緊迫した感じが漂っていて、ただひたすらに自分のベストを尽くすのみという姿がとてつもなくかっこよくて。一曲目に「サンポサキマイライフ」を選んでくる辺り、やっぱりユニゾンは信頼に値するロックバンドであることを確信した。そのあとの「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」からの怒濤の畳み掛けで、もう僕はこのライブが終わったら終わってしまってもいいんじゃないかと思ってしまった。それぞれのソロをやっているときにかかっていたすっとんきょうで愛くるしい、あのメロディーを聴いているとき、彼らを信じてきてよかったと心底思った。なんなんだあの曲は。今までの曲ももちろん素晴らしいのだが、「Silent Libre Mirage」以降の曲が端的に言って神がかっていて恐ろしい。曲を聴いているときに無敵状態を維持できるあの感じ、あれが曲の間中ずっと続くってどういうことよ。田淵さんよ、どんな思考回路をもっていらっしゃるだ。今この世界にUNISON SQUARE GARDENが存在して、コンスタントに曲を発表してくれてコンスタントにライブをやってくれる幸せを噛み締めながら、来年に発売されるであろうアルバムを期待しながら、「Invisible Sensation」を聴いてあっち側の世界に行って参ります。

 

 

 

 

〈セットリスト〉

 

01.サンポサキマイライフ
02.徹頭徹尾夜な夜なドライブ
03.kid, I like quartet
04.MR.アンディ
05.シューゲイザースピーカー
06.リニアブルーを聴きながら
07.fake town baby
08.クロスハート1号線(advantage in a long time)
09.flat song
10.ノンフィクションコンパス
11.メカトル時空探検隊
12.パンデミックサドンデス
13.スノウアンサー
14.Silent Libre Mirage
15.10% roll, 10% romance
16.誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
17.シュガーソングとビターステップ
18.オトノバ中間試験

 

EN

 

19.Invisible Sensation
20.RUNNERS HIGH reprise
21.シャンデリア・ワルツ

 


f:id:bigpopmonsterpro:20171116124020j:image