眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

THE STRYPES JAPAN TOUR 2017 感想

ちょうど2年ぶりにSTRYPESのライブを観てきました。彼らを観るのはこれで2度目です。ちなみに2年前のセットリストは以下の通りです。

 

JAPAN TOUR 2015

<SET LIST>
01.Eighty-Four
02.What a Shame
03.Best Man
04.What the People Don't See
05.Cruel Brunette
06.I'm The Man
07.I Don't Wanna Know
08.Three Streets And A Village Green
09.Cab Fare Home
10.Now She’s Gone
11.Queen of the Half Crown
12.Get Into It
13.Mystery Man
14.Hometown Girls
15.Scumbag City Blues
16.Blue Collar Jane
17.Still Gonna Drive You Home
18.I Need to Be Your Only

 

EN


19.Kick Out The Jams
20.Rollin' and Tumblin'
21.You Can't Judge a Book by the Cover

 

まずはオープニングアクトのDYGLを堪能。初めて彼らの音楽を聴いたときは「ホントに日本人なのか?」と疑ってしまうほどUKっぽい音の作りと声に驚いたものですが、ライブでも音源に負けることなくかっこいいパフォーマンスを披露してくれました。前座なので6曲ほどしかやってくれませんでしたが、また彼らがライブをやるときには是非とも伺いたいです。かっこよかった。

 

20時を少し過ぎたくらいでようやくSTRYPESが登場。待ってました。最初からアクセル全開で演奏して、気づいたら体がリズムを刻んでいました。おいおい、こんなに楽しくていいのかよと言わんばかりに格好いい演奏を繰り広げるSTRYPESの演奏に夢中になりながら、彼らを信じて来てよかったと思えました。新作から結構やってくれたので予習したかいがありました。それにしても2年間でこんなにも成長を遂げてしまうなんて、どんな濃い時間を過ごしていたんだよ。ボーカルとベースの面白いやりとりをちょいちょい挟みながら、ときに一時停止したりときにメロディーを小さくしたりして、全く飽きさせないパフォーマンスにメロメロでした。ボーカルが着ていたつなぎがとってもかっこよかった。今日の仕事で抱え込んでしまった鬱憤をおもいっきりはらすかのように、終始歌い躍り狂ってしまうほどに、魅力的なライブでした。STRYPESが次に来てくれるのはまた2年後になるのかな、そう思うと寂しくなってしまったので、機会があったら彼らが普段ライブを行っている場所で観てみたいなと淡い欲望を抱いてしまう夜でした。最高。

 


f:id:bigpopmonsterpro:20171113215525j:image