眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

どうしようもならない世界で生きていくために吐き出し続ける

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

 

 

ブログを書きはじめて一年がたってしまいました。一年も書いたら少しは文章が上達するんじゃないかと思っていたんですけど、そんなことを意識しないで気の向くままに書いているのでなんにも変わっていないです。ただ、ブログを書くようになって人には話せないようなどうでもいい単純な苛立ちをぶつける場所が出来てとても救われているなと。悪口なんて職場の人間にしようものなら、あとで誰に何を言われるか分からないんで、匿名性の高いネット上で自分の考えていることを好き勝手リミッターをかけないでぶちまけられるのは生きていく上での必要不可欠なものになりました。私がブログを書きたくなるのは「他人に漏らすにはどうかなと思われる事柄を自分のなかだけで留まらせるには辛い、発散したい」と思ったときですね。

 

 

たくさんの文章を書いてきたんですけど、未だに書くことは考えないで指が動くのをじっと眺めている状態を楽しんでます。書く前に文章の構成を考えてしまうと、格式ばったものしか書けない気がして。それじゃ学校の宿題みたいで嫌だなと思って、とにかく指を動かすことに集中しています。曲がりなりにもほぼ毎日ブログを更新していると、どこかの誰かが見てくれることもあるんだなってのはささやかながら感じます。それでも、ブログで書いている文章は自分のためだけに書いているので、そんな自分勝手な文章で楽しんでくれる人がいるなら望外な喜びです。