眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

トリプルファイヤーを聴き続けると気持ち悪くなる

この間トリプルファイヤーの新譜「FIRE」を買って聴いた。相変わらず気持ち悪い。単体で聴いているときは「おもしろい」と安易な感想が頭を過るが、アルバムをフルで流していると気持ち悪くなってくる。吉田の淡々とした、わざと下手に歌っているんじゃないかと思えてくる歌声と渋い演奏が僕の頭をおっきな鍋に見立てたとするとそれのなかに入っている今までのものをぐりっぐりにかき混ぜられているようなそんな感じ。でも妙に中毒性が発揮される機会があるから困る気持ち悪くなる。とわかっているくせに知らんぷりして聴き続ける。気持ちいい気持ち悪い。他にこんな気持ち悪いバンド聞いたことがないぐらいに気持ち悪さを巻き散らかしている稀有なバンド。いいことを書きたいと思うけど、やっぱりこいつら気持ち悪いわ。

 

FIRE(初回限定2枚組)[WAVE-04]

FIRE(初回限定2枚組)[WAVE-04]