眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

眠くてたまらない

昨日からのどうしようもない眠気を引き摺っている。おまけに電気を消されて薄暗いなかで勉強をしようだなんて、そんなの無理にもほどがある。今日の夜にまとめてやってしまおう、なんて甘い考えは捨ててしまって、ミンティアをがぶがぶと噛み砕いて頭をふらふらにさせてから勉強するか。とは思うけどそんなことしたら午後の業務に支障が出てしまうしな、体にも悪いからこのまま少しでもいいから午睡したいのです。なんていつまでも言い訳を積み重ねていないでさっさと勉強しよう。

 

イキルサイノウ

イキルサイノウ