眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

さびしいきもち

先日の金曜、土曜と実験的に薬を減らしている。あまり薬に頼らないで、自分の心のもちようだけでなんとか生き抜いていけないかと模索している。今回が1回目で、薬を飲んでいたときと何も変わらないと思っていたけれど、さっきから寂しさが気になって仕方がない。特に何かがあったわけではないんだけれど、妙に心がざわざわしてぼーっとしていることに罪悪感を感じてしまう。このままでいいのか、という一生をかけて背負っていく命題がいつもより重くのし掛かってきて楽しくない。せっかくの休日なのに、一人でいれることにあまり楽しめていない。あんなにも嫌だった職場に対して少しではあるが寛容になっている。

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 上記のときはphaさんの調子に乗せられて会社を辞める気満々になっていたけれど、今はそんな気持ちすらも持てないほどに弱くなっている。会社を辞めてまでやりたいことがあったっけ?これから探していくのかい?そんなふわふわした状態で決断をしない方がいいんじゃないか。ということを冷静だか冷静じゃないんだかよく分からない頭で考えてしまう。楽になりたい気持ちは変わらないけれど、それは果たして会社を辞めて手にすることが出来るものなのだろうか。もっと慎重に考えた方がいいんじゃないか。そんなことを考えられる精神状態が果たしてやってくるのだろうか。それは自分からすすんで心を調整しなければならないものなのか。自然とそういった心持ちになれるのか。疑問だけが増えていって、一向に何も解決していないこの状況に甘んじていいのか。分からなくなってきた。自分がどうなっていきたいのか、分からなくなってきた。