眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

僕が僕であり続ける限り

日頃の自分と関係していない物事について、最近全然考えられていない。明日の仕事うまくいくかな、試験受かるだろうか、天気は持つだろうかとか両手を伸ばせば届く位置の事しか考えていない。怠慢ではないか。おんなじようなことばかり考え続けていて、というよりもおなじところでぐるぐるぐるぐる悩み続けていることに意味がないことにそろそろ気付きましょうね。もっと未来のこと、例えば10年20年先の自分を想像してみたり、外国で起こっていることに興味を持ってみたり、科学は今どこまで進んでいて、これからどのように進歩していくのか調べてみたりして、ちっぽけな檻のなかから一刻も早く抜け出さなくちゃ。新しいことをやろう、それは楽しくはないかもしれない。でも続けることでそれはいつか自分の財産になるから。そう分かっていてもなかなか腰が重くてやらない自分の戒めを込めて。最近はだいぶ楽になってきたけど、それでも漠然とした不安は尽きないものだ。不安とは一生一緒にいなくちゃいけないのかな、嫌だな。

 

 

一番いけないことはさ 自分はダメだと思うこと
誰のせいでもないことを 自分のせいにしないで
立ち止まらないで

 

ずるい奴が笑う世界 そう言いながら物事が
ゆっくりでも良い方に進むと信じ 今日も
正しく生きようとする君は素敵だよ
そんな自分を君も愛してあげてよ

UVERworld一滴の影響」より

 

一滴の影響

一滴の影響

 

 この曲に何度救われたことか。UVERworldが大好きです。これからも心の底から雄叫びをあげたくなるような、辛いときに背中をそっと押してくれるような曲を書き続けてくださいお願いします。ライブに行きてえよ。