眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

報われろよ

昨日今日で一気に読んでしまった。面白かった。最近の伊坂幸太郎では感じられることができなかったカタルシスみたいなものを後半にいくにつれて強くなって、読み終えた後にほんとりとした暖かい気持ちが胸を一杯にした。殺し屋シリーズの最新作で、前2作とも好きな部類に入るものなので期待はしていたけれど、連作短編集ということでちょっと不安はあった。その不安は杞憂であり、主人公の兜の物事に対する姿勢にのめりこんだ。一つ一つはそんなに心惹かれるものではなかったが、それらが積み重なってからの最後の一撃に痺れた。殺し屋としての職業を辞めたいと思うも辞められない、でも辞めたいという気持ち。そして家族を大切に思う兜だからこそ、最後の結末を迎えることができたのだと思う。昔、伊坂幸太郎を読んでどきどきしたあの感覚を思い出せました。「BOC」で面白そうな連載もしているようなので、次回の新作もすごく楽しみにしてます。

 

AX アックス

AX アックス