眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

成長しないと死ぬ

絶対的に自分が正しいと思っている人間の言葉など全然聞く気が起きないし、「は?なにを本気になってるの?」と笑い飛ばしちまえ。こうしなくちゃいけないっていうレールなんてないんだからさ、自分の物差しで相手の価値とか勝手に決め付けんなよ馬鹿馬鹿しい。お前に家族のこととかあーだこーだ言われる筋合いはない。上司という立場を使って、こっちが逆らえないことを利用して好き勝手やってんじゃないよ。ただ、「お前、本気で生きてるの?」という言葉には自分の甘やかしている自分を思い出させられて、グッと来てしまったじゃないか。俺、最近なにかに本気で取り組んだのかな?ただぼんやりと、現状維持サイコーとかぬかして腑抜けた生活を送っていたんじゃないかい。将来こうなりたいといった目標を持たないで、そんなんで生きた心地があったのかしら。もっとこう、自分の心の奥底から「自分は今生きているんだ!!」という情熱を忘れないことが大切なんじゃないか。文章を書いている暇があったら勉強のひとつでもして、自分を高めていくべきじゃないでしょうか。とこんがらがった頭のなかで思い付いた妙案を忘れずに今日家に帰ってらすぐに実行することに決めたのだ。あんな上司なんか好かれるために自分の時間を捨てて「えへへへへ」なんてことして自分を殺すことないよ。すすめ。