眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

本気で生きているか?

なあなあで生きていないか?なんとなくの流れに乗っかって生きていないか?という質問を自分に問いかけてみたのはあまりにも最近、自分がのんびりと生きているように感じられたから。緊張感に欠ける、のほほんとした日々を送っているからだ。もっとひりひりと焼けつくような心を抱えてすべての物事に全力投球で取り組むべきではないか。そうした方がそれらから得られるものは多いだろうし自己の成長にも繋がる。そんなことを考えないで、今が良ければそれで良いというような甘ったれた考えをしているからいっこうに成長をしていない。私は二年前から何も変わっていない。ただ無駄に脂肪と年だけを増やしただけの怠惰な日々をすごしてきたんじゃないか。後悔してないか。もっとあーしていればよかったとかたくさんあるけど、あのときのあの選択は私にとっての最良のものだったと信じたい。じゃなきゃ、過去を振り替えるのがあまりにも辛すぎるではない。なので、本を読むときは一文一文真剣に、アニメを観るときはワンシーンワンシーン真剣に向き合って、自分を変えてくれる何かに出会うために日々を生きていこうと思います。以上です。

広告を非表示にする