眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

油そばにやられる

昨日の昼に大量の油そばを摂取してから、世界と自分との間に薄い膜が張ったような感じがして気持ち悪い。たぶん三半規管がおかしくなって耳がこもったような状態からくる一種のストレスなのだろうと思うけど、気持ち悪くてしょうがない。油そばを食べているときに尋常じゃないほどの汗が身体中から迸り、そのあとすぐにその汗を拭き取らなくて非常に気持ち悪い状態を維持していた。何をしているんだ、自分は。あれをたくさん食べたら体のどこかに異常な反応か起きることはわかっているのに、なぜそれ止めることができないのか。今日も朝から夢見心地でパソコンのディスプレイをぼんやりと眺めている。うん、この状況はよろしくない。

 

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

重い腰をあげてようやく昨日、夏休みにいく韓国旅行の予約を取ろうとした。のだが空いてないのだ。飛行機の席がぜんぜん空いてないらしくて、もう八方塞がりな状態なのである。8月に休みをとれることは一ヶ月以上も前に分かっていたのに、予約をするのがめんどくさいという理由だけでずるずると昨日まで引き伸ばしてきた代償だ。まだ諦めてはいないんだけど、自分で予約して海外に行くということが如何せん初めてなもので、非常にやきもきしながらサイトを眺めている。いっそ旅行会社に行ってそこでさくっと決めてしまおうかしら、でも平日に入ってしまったしなあ、もう。どうしよう。一ヶ月後の自分よ、無事に韓国に行けていますか?