眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

太っているのがやだ

半年前から昼に外食をするようになってから、特に中華料理を食べ始めるようになってから太っているなと感じてはいたがそのままにしていたら驚くほどに太ってしまった。今までの人生で太って落ち込むことはおそらく今回が初めてである。今思えば新陳代謝に恵まれた体だった。好き勝手食べても太ることはなかった。親からはそんな体を羨ましがられた。僕が太らなかったのは親が作ってくれる栄養バランスの取れた完璧なご飯のお陰であった。就職を機に親元を離れて一人暮らしするようになり、ご飯がいい加減になった。一週間サラダを食べないで蕎麦だけで乗り切るのはざらにあった。一時期蕎麦にどはまりして、毎日二束食べていた。その頃は昼飯をおにぎりとサラダで済ましていたからそこまで体に異変は起こらなかった。夕飯を蕎麦から(たらこ)パスタに変更し、昼に中華料理をお腹いっぱい食らうようになってから、少しずつ体は肥えていった。苦手な人間に体のことで揶揄されるのは我慢ならなかった。この間健康診断があり、一年前と比べて変わり果てた姿をまざまざと見せつけられ、痩せる努力をしようと決意した。食習慣と運動、この二つのタイヤがいい具合に回っていないと体はうまく痩せてくれない。ので、今日もジムに行って泳いだ。すごく気持ちよかった。さっき体重を計ったら少し減っていて、減量するのが嬉しかった。今年中にはなんとか前までの体型を取り戻したい。