眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

フランケンシュタインの恋 7話 感想

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

失速してしまったなあ。まあこうなるだろうなっていう展開にいざなって出演者がそれらの状況に沿って予想した通りの台詞を吐き出していくうちに少しずつこのドラマに対する興味を失っていく。観始めた頃のワクワク感や研さんに対するホクホク感みたいなものが薄れてしまって、そんなところで自分の本音を言うのかよ、僕のほうこそ怪物なんですよ---ぼーくはにんげんじゃないんですよ、じゃないよ、そこで途切れるのかよ。またエンディングがstrings ver になってるし、ちょっと残念な気持ちを隠しきれません。どーかあの絶好調の頃の勢いで最終回まで突っ走ってほしかったんですけどねえ。なんか今回の話は繋ぎ的な意味合いが強くてそんなに楽しめなかったです。そろそろつぐみさんの病状が悪化して、研さんが......みたいな展開になってうおーーーどうするんだどうなるんだというワクワクを楽しみたいです。以上です。