眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

フランケンシュタインの恋 6話 感想

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

人間だって怪物みたいなものなんだよ。そうさ、私も人間のことなんてちっとも分かっていないんです。誰か懇切丁寧に教えてくれませんか、人間というものを。研さんは好きな人のためにもっと人間のことを知りたいと強く願って実際に行動している、そのことについて誰も非難する権利なんてない。彼は彼なりに好きな人の幸せを願って行動を起こしている、真っ直ぐに真っ直ぐに。なんて眩しくて愛らしい存在なんだろう。来週あたりから研さんの真の姿がより多くの人に露見してしまってわちゃわちゃしていくんだろうなと思うと、今までのなんだかんだあったけれどのんびりとした日常はもう戻ってこないんだろうな、悲しい。悲しいも空しいもごちゃ混ぜにして人は日常を進んでいくしかない。このドラマを観ていると辛いことがあってもそこをぐっと堪えて、前に進もうかなと思える背中をそっと押してくれるようなそんな感じ。いやあ今回も研さんにずっと釘付けでした。いやあ、たまらねえ。