眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

あの経験が役に立ったなんて一度もない

あのときのあの経験が今の私を作っているのです、なんて妄言をぬかす人がこの世界にいるなんて、ねえ。そんなこと経験したことないんですけど私は人生経験なんてものが不足してるのですか。あのときのあの経験なんてのはその場かぎりのものだし、それが今の(立派な)私を作っているなんてちゃんちゃらおかしい。昔の出来事を漁って「これが私を作っているのです」なんてそんな恥ずかしいことよく言えるな、過去に執着してるなんてもったいない。私は今この瞬間と未来しか見てないしその今でしか生きれない。過去の私がどのようにやってきたかなんて参考にする暇があるんなら、目の前のものと真剣に向き合えよ。過去にこれこれがあったから私は駄目なのですとかそういうことをいう人がいるけど、今から既に新しい時間が始まっているんだからな。過去の何かに囚われて「あれのせいで」とうじうじしてるのもったいなくないですか、ねえ。今は今この時間と未来しか見てない、それ以外はどーでもいい。過去にあいつにあーされたから見返したいとか時間の無駄、あいつ見返して、それで?あいつのために時間を割く必要なんてない、自分のためだけに使えよ。案外少ないんだよ、自分のために使える時間は。だから、自由に考えられる時間があるならできれば明るいことを中心に考えてほしい。落ち込むのは死んでからでも遅くないぞ。