眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

夢20170525

大学生の時分、スケジュールが結構入っているなかでなぜかノリで飛行機に乗っていて、出発する前には降りようと思っていたのに気付いたら出発していた。しかも目的地は中国、日本の方ではない方。明日はバイトが入っていたりゼミで発表があったりして忙しい一日なのに、飛行機は中国へ突き進む。どうしようどうしようどっかで降りられないのかと思うもそんな術もなくて。周りにいる一緒に乗っていた人達はやたら落ち着き払っているのはなぜなんだと思いながらようやく飛行機は目的地に到着。急いで日本行きの便を探そうにも英語がうまく伝わらずにすごくやきもきしている。いやあどうしたものかどうすればいいんだというところで、そういえば旅賃はどれほどかかっているのだろうかと乗換案内アプリで調べてみると片道が7万円もしていて絶望的な気分になる。中国にいれたとしてもせいぜい半日以下だし、観光スポットなんて調べていないからどこへいったらいいのか分からない。帰りの便がまだ確保できていないのにそれを忘れて楽しむなんてできないよ、もーどうしたらいいんだ!と頭を抱えて踞る所で徐々に暗転していってすーっと夢は終わりを迎える。昨日の夜に調子にのってお酒をのんでしまったせいでみょうちくりんな夢を見てしまった。汗、汗がとまらない。それにしても、最初はとても緊張したけど皆さんいい方々で、楽しい時間を過ごすことができました。またこういう機会があったら是非とも一緒に食べたいものでした。

広告を非表示にする