眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

汗をかいてない外野席の 冷やかす落書き 気にしない

ピロウズのワンマンライブに行ったのは一年ぶりで、それは前回出したアルバムのリリースライブであった。そのときに出したアルバムは微妙だなという印象であったが、一年たった今ではすごくよくかっこよくなっていて、今それをライブで聴きたいと思った。今回出したアルバムも昔のに比べたらそれほどでもというものだが、最近にしてはがんばっているほうだ、何回も何回も聴いてほとんどの曲は好きになった。大抵の曲は何回も聴けば好きになるので、もともと好きになる素養があったのかどうかは定かではない。ライブというものはアーティスト側の思惑でその場の空気が支配されることが多く、ピロウズもそれをしている感じがよく感じられてあまり好ましくはないと思うが、それは気にしなければいいというものなので自分の心に焦点を当てて楽しんだ。この辺の客の煽り具合というか放置具合はユニゾンスクエアガーデンが今まで見たきたアーティストの中で抜群に心地よかった、それを彼らも発言していたのでよっぽど自信があるのであろう。お金を払っているのだから、労働でもないのでライブの時間は常識の範囲内で好きにやればいいと思う。私なんかはよくわからないステップを踏んだり意味不明な踊りを拵えたりなどして自分の空間を出来る限り確保することに力を注いでいる。ライブは凄くよかった!と言いたい所だが、前の方がよく見えなかったというピロウズの責任ではないところでやきもきしたのでちょっと不服なところもあった。それにしてもそろそろ結成して30年目のバンドか毎年律儀にアルバムを出してそのリリースツアーで全国を回っているなんて、冷静に考えたらぶっとんだ連中じゃないかよ!制作意欲が旺盛なことはファンにとっては嬉しいことであるが、昔の曲ですごく好きなのがあるのだが新曲ばっかりやってそれらを披露する機会がないのは残念なことだ。と思っていたら今後過去曲を中心にしたライブをやるようなことを匂わせていたのでこれは行くしかない今から復習をたっぷりとしなくちゃなと思いました。新しいアルバムの中で一番のお気に入りは「パーフェクト・アイディア」です。次はZeppのライブに行く予定です。以上です。

 

〈セットリスト〉

01.Envy
02.Hang a vulture!
03.I think I can
04.MY FOOT
05.New Animal
06.Last Holiday
07.POISON ROCK'N'ROLL
08.インスタント ミュージック
09.Ride on shooting star
10.王様になれ
11.Blues Drive Monster
12.どこにもない世界
13.GOOD DREAMS
14.ジェラニ
15.Coooming sooon
16.パーフェクト・アイディア
17.BE WILD
18.Sleepy Head
19.Where do I go?
20.Advice

EN

21.プロポーズ
22.Funny Bunny

EN2

23.ハイブリッド レインボウ

 

逃げ出したくなる孤独な夜は
こぼれた涙がキミに問いかける
太陽に手を伸ばしてみたいだろ?
手のひらが焦げるほど近づいて
心のままに

the pillows「BE WILD」

 

NOOK IN THE BRAIN (初回限定盤(CD+DVD))

NOOK IN THE BRAIN (初回限定盤(CD+DVD))