眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

北海道旅行四日目「札幌」

今これを空港で書いています。三泊四日の旅行って結構長くとってしまったと思ったんですけど、いざ行ってみるとあっという間でした。なんというか、北海道ってこんなものなのかと拍子抜けしてしまいました。どこのお店のご飯を食べても吃驚するほどうまいんだろうな、海鮮物は新鮮で野菜はしっかりとしたものが多いんだろうなって。幻想でしたね、そしてどこに行っても同じだということが分かりました、おいしいものが食べたければある程度はお金を払わなければいけないのだ。それを分かっただけでもいい経験にはなったと思います。今回は札幌からバスで二時間半で行ける範囲内を旅したので、次回行く機会があれば函館とか稚内とか、北海道の南と北を攻めたいです。今日はなんとか朝の海鮮ブッフェになんとかありつけて、あり得ないぐらいのイクラと甘エビを堪能しました。食べ過ぎて気持ち悪くなって、一時間ぐらい動けなくなりました、調子にのり過ぎた。


f:id:bigpopmonsterpro:20170502154222j:image

 

それからは星野源の「いのちの車窓から」をのんびりと読んで、そして会社の人達と彼女のためにお土産を買って、18時に新千歳発の飛行機を待っている次第です。もっと毎日のように海鮮海鮮するものなのかなと思ってたんですけど、そんなことしたらこの先当分海鮮を食べられなくなるだろうからしなくて正解です。今回の旅行のベストなものはジンギスカンを食べたときに一緒に出てきた野菜でした。おめでとうございます。次回は野菜をたくさん食べられるような計画を立てようそうしよう。というわけで四日間お疲れさまでした。あと五日間の黄金週間も悔いの内容に過ごしたいと思います。では。

 

いのちの車窓から

いのちの車窓から

 

 

広告を非表示にする