眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

歪なくらいでちょうどいい

完璧にやろうとするから無駄に力が入って変なところでミスをしてしまう。人はどうしたってミスを犯してしまうという立場に立って、ならミスを少なくするためにはどうすればいいのか、ミスが起きたときにどう対処すればいいのかを日頃から考えておいて、いざその段になったらそれを実行するのが大切なんじゃないか。ミスをしてしまうことが怖いから行動を起こさないとか、ミスなんて誰かがカバーしてくれよとかじゃなくて、責任をもって自分の力でやる、んでちょっときついやってときに他人の力を借りるくらいがちょうどいいんじゃないかな。まずまずの力加減でやっていきましょう。

 

 

やりたいことがわからないし、そもそもそんなものあるのかどうかもわからない。ならば、今やっていることの深化や新しいことへの挑戦を増やしていってみる必要があるんだけど怠けてしまうー。

広告を非表示にする