眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

圧倒的な天才は孤独なのか

昨日今日でこれを読みきった。

 

 引き込まれた。時間なんか気にしなくなって、ひたすらに物語に没入していた。圧倒的な天才を描く物語が好きで、これはまだ彼女の凄さを描ききれていないけど、その片鱗だけですごくワクワクしてくる。粗削りで突っ込みどころはあるけど、そんなことどうでもよく思えるぐらいに抜群に面白すぎる。明日新刊が出るそうで、ぜひともこの記事を読んだ方は騙されたと思って一巻だけでも読んでみてください、早く起きて次が読みたいって衝動に駆られますよ。いやあ、久しぶりに面白いマンガを読んで幸せな時間を過ごすことができた。ありがとう。さわおさん、この本をオススメしてくれて、ありがとうございます。

広告を非表示にする