眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

もうビールなんか飲んでいる場合じゃないっすね。

生きていくうちに勝手に自分で決まりごとを作ってそれに縛られて生きている息苦しいわ。一所懸命に働かないと周りに嫌われて馬鹿にされて死んでしまう!死なないよ。嫌われてもいいじゃん好かれる努力したのかよ?好かれるために努力する必要あるの?それって才能なんじゃないですか?今日も仕事がうまくいかなかっただからといっていつまでも暗い気分引き摺っているんじゃないよプライベートの時に仕事の辛かったこと再上映してる暇あるならその時を楽しむために集中しなきゃだめじゃん。太宰か芥川が言ってたけど、本当に満足のいく日なんて生きてて1日か2日あればいいほうだなんていやいやそれなかなか辛くない?他の日は不満を抱えながら生きているってことでしょ。毎日とは言わないけど、3日に2日は一日の終わりに「楽しい一日だった」と言えるように過ごしたいから。一秒も無駄にしたくないんでこっちは、そこのところは妥協したくない。美味しいもの食べて、面白いものを味わって、笑顔でいられる時間が長かった一日を何個も積み重ねていきたいんだよ、後ろを振り返って「あああ、俺はなんであのときこんなことをそんな風にああしてしまったんだろう、ううう」なんてしてる時間なんてないんです、そんなことしてるぐらいならどうすればよくなるのか考えろ。