眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

明日からまた仕事か

三連休が終わる。なにもできなかった。なにかしようとしたか。したいことがわからない。したいことが、ない。本を読もうと思ったが、お菓子を食べて布団の上でごろごろしていたら寝てた。そんな日を三日間も続けていたら、このままこんな日が続いていくなら続けていく意味なんてあるのかなと寂しくなった。夜の6時、明日が来るまであと少し、少しでも時間を遅らせて明日が来ないようにするけれども、どうしたとしても明日は来るから。満足のいく休日を過ごしてもりもりと働く、そのサイクルをうまく作れればいいんだけどどちらもうまくできないからこうやって無性に寂しくなるんだ。結局この三日間で何も成し遂げることができなかった。たくさん積んである本を読みきることもできなかったし、アニメを順調に消化することもできなかった。でも、それでいいのだ。オッケー、事態は順調に進んでいる。あまり深く考えることなく、うまくいっている、そう思って日々をうまくこなしていくことが大切なんだ。無闇に暗くなる必要はない、無駄に後悔しなくてもいい、すべてはうまくいっているんだ。

広告を非表示にする