眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

ここで終わってしまうのかい?それとも始めてみるかい?

情けない。この一年間私はいったいぜんたい何をしてきたのか。ただ黙々と人に任された仕事を何も考えもせずマシーンみたいに淡々とやってきただけなのか。そうなのか。物事に疑問を持たないで作業だけをこなしていたらそりゃ悩まずに済むから楽だけど、そんなやり方で仕事をしていたらどこかで壁にぶち当たってどうにもならなくなるよ。まさに今ですよ。いや、気づいていないだけでとっくの昔に手遅れになっていたんです。それに気づくのが怖いから知らんぷりを決め込んできたんだろ、はっきりしろよ。自分が手にしている知識が正しいのかどうかわからないから、後輩に教える際にもつい小声になって周りの人に自分の醜態を晒したくないんだろ、なあ。情けない、我ながらこんなにも自分が考えないクズ野郎だったなんて認めたくない、けど正面から自分のクズさに向き合わないと変わらないぜ。今がチャンスだって逆に思えてこないかい?今変わらないで、いつ変わるのよ。

 

なんて文章をずいぶん前に書いていたんでしょう、あの時から全く変わっていないです。この文章を書いている今この時、私は自分の不甲斐なさに打ちのめされているとともに、これからどうするよ?後輩にすぐに抜かれちまうぞ?同期なんてはるか彼方に行ってしまってもう肉眼では確認できないぐらいになってしまったじゃないか。なんで立ち止まっているんだよ。こんな文章を書いていないで、なぜ今まで仕事に対して興味が持てなかったのか、どういったことに対してどのようなアプローチをしていけばいいのか、それを自分の頭で正気が保てなくなるほど考えなくちゃいけないと分かっているけど、せめてこの文章だけは書かせてください、気持ちの整理をつけたいから。

 

さっきまでジムで運動していたんですけど、体を動かしているときって頭ン中がクリアになるじゃないですか、それを利用していつも考えられないようなことを考えてやろうと思って体を思う存分扱いてしたんですけど、考えているうちにだんだん気分が暗くなってきて、途中から涙目です。泳いでいたんで周りの人には気づかれていないと思うんですけど、そんなに?ってほど虚しさやるせなさがこみ上げてきて、どうにもこうにも気持ちを抑えられなくなって。ついさっきまでやってた今日の仕事何やってたかなって思い返していたんですけど、何していたのかすぐに思い返せなかったんです。自分がきちんと考えて行動していないから思い出せないと思うんですけど、俺ってなんにも考えないで業務に取り組んでいたんだなって恐ろしくなって。なんだこれって気分ですよ。こんなにも自分がどうしようもない人間だったなんて、ですよ。そりゃ今まで考えることが求められてきたかっていうと殆どなかったからその姿勢を踏襲しているのはまあ考えられるんですけど、こうやって周りから考えて業務に励むってことが求められているのにそれをやらないという怠慢。ああ情けない。学生の頃のバイトはひたすらに同じことを繰り返す、頭を使わないでも体が勝手に動くようなことをしていたんで、考える音に慣れてないんですよってそりゃ甘えですよ。

 

今までよく怒られてこなかったなって逆に不安になりますよ。自分に期待しているからなのか失望しているからなのか。たぶん後者です、雰囲気からわかりすぎてしまって居づらい。早くどっかに異動にならんかな、いやそんな他人任せなこと考えとらんで自分から動けばいいじゃないか、嫌ならグチグチ会社の悪口を言ってないでさっさと新しいところに行けばいいじゃない。でも、そうやって考えるのは簡単ですけど、それをいざ行動に移そうとしてみると、お金の事とか世間体の事とか考えだして、足がすくんでしまうんです。せめて実家に暮らしていればある程度親にすがることもできるんですけど、こんな遠いところまで来てしまったんでなかなかそんなこともできるわけもなく。最終的になんでこんな状況になってしまったのかなとぼんやり考えてみたんですけど、人とのコミュニケーションが下手すぎて、失敗するのが怖いから嫌われるのが怖いからじゃあ自分から行くのはやめようって考えてそのように行動してきたツケがようやく利息付きで回ってきたんですよ。そう考えると、今までなんも考えずに生きてこれたことに合点がいくとともに、今の苦しさにもなんとか納得できなくもない。小さいころから人と話すように自分に仕向けていれば、違う人生を送ることができたろうに、ね。

 

考えるべきことは、業務の意味を考えること。例えば、この作業Aをすることによって業務Bにどのような影響を与えているのか。孤立して存在している業務なんてほぼない、どこかしらで何かとつながってるはずなんで、まずはその関係図みたいなのを自分の頭の中にイメージできるようになるまで何回も反復して考えること。んで、どうすれば業務の効率を上げることができるか。また無駄なことをしていないか。基本的に分からないことは自分の頭で考えても分からないです、先輩にさっさと訊いて解決して次のフェーズに進みましょう。あとは先輩の行動を見て使えそうなものは盗む。そして、休みの日も少しは仕事のことを考えて頭を鈍らせないこと。そんぐらいかな、思いついたら追記しておこう。

 

すぐに変われるとは思っていません。少しづつ進んでいくしかないです。先輩から「あれ、まだそれ分からないの?」って蔑んだ目で(自意識過剰か?)言われることが心にどれだけの悪影響を及ぼすか、そのような私は仕事ができない奴だって思われている雰囲気を感じながら半日以上もその空間に身を任せていると、遅かれ早かれダメになるんで、早急に対処していきます。やっぱりパソコンで文章を書くときとスマホのときとは書く心持ちが違うし筆の乗りも違うから、たまにこうやってパソコンで文章を書いてみるのもいいもんですな。でも、以上の事ってめんどくさいなやりたくない。って今まで逃げてきたから未だにこんなところでぐるぐる回っているんですよ。進め