眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

遠くに行きたい

たまに自分が自分じゃなくなる感覚に襲われるときが来るんですけど、今日がその日でした。そういう感覚になる日は決まって過度のストレス・プレッシャーに潰されそうになっているときにやってきて、自分を守ってくれているような気持ちになれるんですけど、妙にハイになってしまって親しくもないのにぐいぐいと話しかけたりしてしまうので困ったものです。今日も全然話したことがなかった人に意識的に話しかけたり(反応を楽しむ)、逆に話しかけられたり、上司におちょくられたり(これはいつも通り)して、なんだかんだでトータルでは楽しかったんですけど、ひたすら紙ベースのものをコピーして、それをデータに置き換える一見無駄に見える作業をほぼ一日中やっていて疲れました。頭を使った仕事をしたいんですけど、まだしたっぱを走り出したポジションにいるので、作業ベースの仕事が振られがちになってしまってなんだかなと思ったりもして、基本働いているときはテンションが低めで運転してます。一人でいるときもそんなにテンションは高くないですね。家族といるときには明るい自分を演じることができるんですけど、如何せん遠いところにいるからなかなか絡む機会がないので、明るい自分を披露する場所がなくて寂しいです。今日もそんな孤独感を噛み締めながら、ひたすらコピー機と格闘していました。てか、つまらない話ばかり垂れ流していないで、もうちょっと興味をもってもらえるように努力しろよなー。明日は遠出をして一人をいつも以上に噛み締めたいと思っている所存です。自分もそんなに話すのうまくないけど、それを意識して話す量をセーブしているんですよ。

広告を非表示にする