眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

こんな僕を許してくれないか?

もう前に進むことに疲れてしまった。これ以上一歩たりとも動きたくない。ここで踞って、今まで意識したことがなかったようなことに思いを巡らせて新鮮な気持ちで一日を過ごそう。どんな馬鹿げたことでもいい、心から清々しさを感じられるようなことを考えて窮屈な気持ちをほどいてあげようじゃないか。我慢なんてしなくてもいい、誰かの言いなりなんてならなくていい、自分のやりたいと思ったことをやればいいんだ。そのためには、自分が本当は何をしたいのかって真剣に考えること。人ってのは案外他人の影響で行動を決めていることが多いから、やっていて心から満足できるようなことを探し出して、それを追求していけばいいじゃない。つまらない雑務なんてほったらかして、まずは自分をすくすくと育ててあげようではないか。自分がゆったりとしたきもちを持てるほど余裕が生まれてから、そしたら外の世界に繰り出して戦ってみるのもいいと思う。今はまだ整っていないので、無駄に体力を消耗してしまう、このままだと体力が尽きてゲームオーバーってくだらないオチになりかねないので、まずは自分を守ってあげよう。美味しいものをたくさん食べて、楽しい本をたくさん読んで、アニメや映画を心行くまで楽しんで、眠くなったら好きなだけ寝ればいいさ。頑張ったんだもん、休もうよ。

広告を非表示にする