眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2017冬アニメ途中経過報告

今期のアニメは豊作が多い。期待していなかった「ガヴリールドロップアウト」が抜群に面白い。キャラの個性がいい塩梅で立っているし、ギャグも寒くなく、毎週楽しみにしてみれる。安心してみれるのだ、変にそわそわしないでもいいぐらいに。これほどの安定感のあるアニメが一つでもあると、その季の精神状態は大分安定する。それぐらい、このアニメは私にとっては大変意味のあるものだ。

 

亜人ちゃんは語りたい」もいい意味で裏切られた。本家を未視聴なので楽しめるかなと不安であったが、関係なく楽しめている。おっさん先生がウハウハしてるアニメって見方もあるけど、ヴァンパイアの女の子を見ていると心安らぐので最後まで是非みていきたい。

 

「セイレン」はべたべたな恋愛もので、ちょっと不自然な会話が鼻につくところも多々あるが、まあ許容範囲内でしょう。4話ごとにヒロインが変わっていくのも、アニメのテンポがよくなるのでいいですね。

 

「風夏」は狙いすぎだな、いろいろと。

 

リトルウィッチアカデミア」はまだまだ未知数なところが多くて、いいのか悪いのかよくわかりません。ただ見ていると少し疲れる。

 

クズの本懐」は視聴者サービスのあれが注目されがちだけど、話はしっかりしてて見れるし、あとはキャラの個性がうまく引き立てるようにしてくれると見甲斐があるのになあ。

 

うらら迷路帖」はただただ癒し。ストーリとかどうでもいいです。彼女たちを見てるだけで充分現実逃避できます。

 

青の祓魔師 京都不浄王篇」は前回から結構離れての放映なので、内容がちょくちょく忘れているぶぶんがあるのに、安心して見れるアニメに今回も仕上がってますね。1期だけじゃ少ないなあ。

 

弱虫ペダル NEW GENERATION」「昭和元禄落語心中助六再び篇~」「Rewrite 2ndシーズンMoon編Terra編」は仕事が落ち着いてきたら一気に味わっていきたいと思ってます。今期はなかなかの豊作ですなあ。

 

 

 

広告を非表示にする