眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

王道なんか目指さなくていい

考えることを放棄して目の前にあるものだけを見て、周りの反応を窺いながらへいこら頭を下げてばかりいたら自分というものが消失して、かたちは自分だけど中身は空っぽがらんどうのつまらない人間になってしまう。今自分がどのような状況に置かれているのかを把握して(これが難しいんだけど)、自分の理想像を明確に設定する。どのように行動していけば辿り着くのかを今までの経験や本を読んだり、人の話を聞きながら予測して、行動しながら軌道修正していって、いずれはなりたい自分になってみたいもんだけれど、めんどくせー。現在地がどこなのか知るのめんどくせー。理想像とか別にないし、現状維持でいいし、維持すらできてない現実きびしー。努力とかしたくない、のんびりボーッとしていたい。生きているととかく、めんどーなことに多々出くわす。それとどのように対峙していくのか、それで人生のかたちが決まっていくんだけど、めんどくさがりな人間にとって日々の生活を維持すらもめんどくさいのにステップアップなんてもう我慢ならない。でも、めんどーなことから逃げていると余計にめんどーなことが襲いかかってくるので、淡々と目の前のめんどーをやっつけていくしかない。めんどーなことを楽しめるぐらいの気概を持ってみたいもんだね。明日から2月だけれど、また同じ1ヶ月を過ごさないように今日中にどのような暮らしを構築していくのか検討しなくちゃいけないです。めんどくせー。

広告を非表示にする