眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

黙って俺についてきます

やるんだったら初めから全てを自分でこなしたい性格なので、途中で投げ出されたのを任されたり、やっている最中に茶々を入れられるとイラッとするしそんならあんたがやれよと思ってしまう。ちょいちょい状況を確認してくるくせに自分はその活動に加わろうとしないで傍観者気取りされると腹立つし、中途半端に口出すな気になるなら自分でやれよと思ってしまう。口出しするなら、気になるんだったら自分もそれに加わって責任を負担しろよっていうことをぼーっとした頭ながらに浮かべながら仕事してました。昨日夜遅くに「明日から仕事か」と考えてたら急に不安になって、それを紛らわすためにくだらない番組を見てたらまあまあ面白くて、どうせ見たなら最後までと思って気付いたら午前1時半になってて。同棲者の帰りをうとうととした頭でぼんやり待っていたら中途半端な睡眠だったようで、今日はずーっと眠かった。ほんとに眠かった。今年眠たい日ランキングトップ10にランクインするであろう眠さを抱えながら人前で講義をしたのですが、そういうことにあまり慣れていないし、準備不足(甘えですね)ということもあり、もうダメダメでした。何がダメだったのかを今振り返ってみると、とにかく覚えてきたことをただただ聞いている人にぶつけていただけで、相手が何に対して疑問を持っているのかまで頭が回らなかったことですね、緊張しちゃって。まず相手の目を見て、つまらなさそうな雰囲気を醸し出していたら、適度に話に緩急をつけてメリハリをつけることが大事なんじゃないかと思ったわけですけど、実際にそれを行動に移すのは大変です💦こういうのは場数をある程度踏まないとうまくならないので、今日の失態でただ落ち込んでいるんじゃなくて、次回はどのようにすれば相手が興味を持って自分の話を聞いてくれるだろうか、適宜確認しながら模索していくことですね。はあー、めんどいな。いつまでこんな雑用やってんだろ。そういえば今年の初夢は学食を食べるような所で、いきものがかり吉岡聖恵ちゃんと他の二人の四人で昼飯を食べていた夢でした。以上です。

 

 

広告を非表示にする