眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

「耐」

年々、一年が過ぎるのが早く感じるのですが、今年は特に早く過ぎ、「この一年で自分は何ができたのか、何を残すことができたのか」と不安になりました。今までの人生でもそこまで大したことをできたわけではなかったのですが、それを殊更に思い知らされた一年でした。計画性がなかったことで、一日、一週間、一ヶ月をなあなあに過ごしてしまったのでしょう。来年こそはと今意気込んでみても、一週間もしたらすぐに忘れてしまい、目先のことでいっぱいいっぱいになっていることが想像できるので、なすべきことを初めに決めてから、それをどのようにして成し遂げていくのかを細分化してみようと思います。三が日までには決める予定です。

 

今年は本を146冊買って80冊読み、映画を74本(うち劇場での鑑賞は11本)鑑賞して、CDは250枚弱買い、ライブには66本行きました。前年までの記録は残していないのでこの数字が自分にとってどのようなものなのかは分かりませんが、ちょっと買いすぎてしまった感が否めません(今年中に全部を楽しむことができませんでした)。来年からは本当に自分が欲しているものを取捨選択して選び、それを丁寧に味わおうと思っております。本、映画、音楽の三つのジャンルでのベスト10的なことを書きたかったのですが、年末年始休暇に入りあまりにも脱力しすぎたせいで何もかけませんでした、来年の一月中に時間があったら書きます。

 

来年に関しては不安しかありません。任された業務を時間が無いからという理由で作業に落とし込んでしまい、その業務の意味を理解しないまま上に提出して、これはどういう意味があるのかと問われてもしどろもどろになってしまい、何で自分はこんな無様な姿をさらしてしまっているのかと自分を責める日が何回もあり挫折しかけました。でもせっかく今の仕事に就けたのだからできることをきちんとやるのが筋じゃないですか。すぐに諦めてぬくぬくとした場所で腐っていくのは嫌なので、傷付きながらも少しずつ前に進んでいきます。徹底的に、完膚なきまでに相手を圧倒させるような仕事をしてみせる。平々凡々なサラリーマンなんですけどね。

 

来年のこの時期に自分がどのような記事を書いているのか今からとても楽しみです。来年こそは一日一日を丁寧に過ごすことと、きちんと計画を立てて物事を進めていきます。あとは恋人との関係もより深めていって、明るい未来になるようにやっていくことですね。それではみなさん良いお年を!

広告を非表示にする