眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2008年 読書本ベスト10

大掃除をしていたらとても懐かしいものが出てきたので、備忘録がわりに載せておきます。

 

第10位

奥田英朗「邪魔」

 

 

邪魔

邪魔

 

 

第9位

吉田修一「パレード」

 

パレード

パレード

 

 

 

第8位

奥田英朗「家日和」

 

家日和 (集英社文庫)

家日和 (集英社文庫)

 

 

第7位

太宰治人間失格

 

人間失格

人間失格

 

 第6位

有川浩阪急電車

 

阪急電車 (幻冬舎文庫)

阪急電車 (幻冬舎文庫)

 

 第5位

伊坂幸太郎「重力ピエロ」

 

重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ (新潮文庫)

 

 第4位

本多孝好「MISSING」

 

MISSING (双葉文庫)

MISSING (双葉文庫)

 

 

第3位

伊坂幸太郎アヒルと鴨のコインロッカー

 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

 第2位

伊坂幸太郎「魔王」

 

魔王 (講談社文庫)

魔王 (講談社文庫)

 

 第1位

本多孝好「正義のミカタ~I'm a loser~」

 

正義のミカタ―I’m a loser

正義のミカタ―I’m a loser

 

 こうやってあの頃の読書をふりかえってみると、おりこうさんの読書をしていたな。自分の身の丈にあった本を選んでいるというか、あまり自分の生きている世界とはかけ離れた物語を読んでいなかったんですね。今もそんなにぶっ飛んだ読書はしていないんですけど、どうせ本を読むのなら自分という存在からかけ離れた人々の物語を読んで、いつも眺めている世界とは違ったものを見るのを悪くはないのかもと思いました。

 

 

広告を非表示にする